インストラクターのブログ
ひろ小屋…おなかすいたなぁ。
ひろ小屋トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 髪のこと > くるくるパーマ☆

くるくるパーマ☆

  • 投稿日:2012-10-25(木)08:17
  • 最終更新日:2012-10-25(木)08:17


またまたちょっと髪が伸びたので、パーマをかけてみました
脱毛症が悪化し、3月末にスキンヘッドにしたことを考えると…

パーマだなんて奇跡のよう

その時には先が見えない、一見大きなことも
あとから思えばこんな風に、一時のことだったりするんですね。きっと。

ヘアチェンジをしてレッスンに行ったら
女の人が来たから、先生じゃない先生が来たかと思ったわ
と、声をかけて下さった方がいらっしゃいました

えーっと…今までは何だったんですかね(笑)

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

コメント:6

うさぎ 2012/12/14

はじめまして、こんにちは。
ずいぶん前の記事にコメント失礼します。
脱毛症、良くなってよかったですね。ひろさんの坊主頭がどんどん良くなっていく姿にとても希望が持てました。

私も多発性脱毛症になり、ひろさんのように思い切って坊主にし、今ウィッグをかぶっています。
でもひろさんのように帽子で過ごすのに憧れます。
坊主にはしたけど帽子だけでいる勇気がないんです…

私は子供が2人いて、4歳、3歳なのでまだよくわかっていない様子ですが、子供が大きくなってきた時、子供や子供のお友達にどう説明したらいいのか…
ひろさんは子供さんとたくさん接していらしゃるみたいなので脱毛症になっていた時はどう説明していましたか?

私のせいで子供がお友達にからかわれたりしないかと心配しています。

ひろ 2012/12/18

うさぎさん、はじめまして。
そして、お気持ち…大変よくわかります。

私が多くの子供たちに接していてわかったことは、『こどもたちは素直』ということと『こどもたちは知らない』ということでした。

素直なので、髪の毛がないということビックリするし、どう対処していいものか知らないので、鏡のように反応すると思うのです。

「なんで先生髪ないの?」「先生ガン?」「先生、変!」などど、かなりストレートな言葉をかけられたり、数人でコソコソ見に来たり、ビックリした顔で逃げられたり…そこでめげることなく対応したところ、次第にこどもたちは受け入れ、やさしくしてくれました。

「みんな、風邪をひいたら熱が出るでしょ?熱があって鼻水が出ている人に『お前なんで熱出てるの?鼻水出てるの?』ってバカにする?」
「うぅん。」
「それと同じで、先生は今、毛が抜ける病気になっちゃったの。」
「なんで?」
「風邪引いた時に、なんで?って聞かれたらどう答える?」
「わかんない。」
「先生もなんで毛が抜けるかわからないんだ。」
「ふーん。」
「だから、毛が生えてくるまでやさしくして。(笑)」
といった具合に、こどものレベルに砕いて話をしたら、ちゃんとわかってくれましたよ!

「ガン?」という子には「毛が抜けるだけで、カラダは元気だよー。あれはね、ガンだから毛が抜けるんじゃなくて、ガンと戦うための薬で毛が抜けちゃうんだよ。」

コソコソ見に来る子たちには「もうそこにいるのバレてるんだからさ、言いたいことがあれば面と向かって言いなさい!見たいんだったら見せてあげるから見にくればいいじゃん!気になるんでしょ。心配してくれてありがとう。(笑)」というと「心配してないもん!」といいながらちゃんと話を聞いてくれたり。

こちらがコソコソした気でいると、こどもたちもそれが「はずかしいこと」と思いますし、こちらが堂々としていると「病気であり、揶揄するべきではないこと」ときちんとわかってくれます。少なくとも私が接した100人くらいのこどもたち(幼児〜小学生)は、わかってくれました。そして、最後に「先生だけじゃなくて、他にそういう人を見ても普通にしていてね。」と受け入れるべきことであることを伝えていました。

うさぎさんのお子さんがしっかりとわかってくれれば、お子さんがお母さんをしっかり守ってくれると思いますよ!

何度も同じことを繰り返し説明するのは、また苦しいことだと思いますが、そうすることで、脱毛症を受け入れられる…ひいてはいろいろなことを事実として受け止められるようなこどもになっていくと思います。

どうぞ心配せずに、一度しかない『今』を楽しんで生きて下さい☆私は「髪が抜けてもカラダは元気!元気なカラダに感謝!」と笑っていたら、一年で毛が元通りになってくれました。悩み、ますます負担を御自身で抱え込まないよう、ご自愛下さい。

またいつでもコメントお待ちしております!

うさぎ 2012/12/18

ひろさんお返事ありがとうございます。
涙があふれました。
こちらがコソコソした気でいると、子供たちが「はずかしい事」と思ってしまう。
その通りですね。堂々と楽しく生きていきます!
子供達に受け入れてもらえるように、私自身もしっかりと脱毛症を受け入れなければいけませんね。
ありがとうございます、元気もらえました。
これからも、ブログも楽しみに読ませていただきますね。遠くから応援しております。ありがとうございました。

ひろ 2012/12/18

うさぎさん
これからもどうぞよろしくお願いします(^ー^
焦らず、楽しく生きていれば、大丈夫。
悩んでいる時間にも、楽しいことはきっと起こっているはずです!3〜4歳は、できることも増え、とーってもかわいい時ですね。2人のお子さまと楽しい時間をいっぱい過ごして下さい☆またいつでもお待ちしております。こちらこそ、ありがとうございました。

かおり 2013/02/04

初めまして。私もピアノ教室の先生をしており、去年の七月から多発性の脱毛症になりました。。ひろさんと同じように子供達の反応が怖くて、レッスンを休んだ時期もあったのですが、今はウィッグを付けてレッスンを再開しております。ホント子供達って時に残酷た反応したりしますよね(^_^;)。病気になってからというものは、こうしてネットで同じ症状になって良くなった人はいないかな…と探す日々ですが、今回既婚者で年齢も同じくらい、仕事も同じような仕事だし、何よりこんなに綺麗な人が同じ病気でも、こんなに前向きに、そして素敵に生きているんだ!って勇気づけられました。子供達への対応の仕方も目からウロコ!そっかぁ…と勉強になりました。
今はまだ頭頂部しかひろさんレベルに生えてなくて、側頭部や後頭部はまだまだかかりそうなのですが、私も前向きに、ベリーショートが似合うお洒落も楽しみたいなぁと思っています(^O^)/
本当にひろさんに感謝です。これからも素敵な先生でいて下さい♡

ひろ 2013/02/05

かおりさん
コメントありがとうございます。こどもたちは良くも悪くもストレートなので、時に残酷ですよね(T−T)ウイッグという選択も、かおりさんのお仕事ならアリですね!私は汗っかきな上に動き回ったり、水に入ったりするので選択肢にありませんでしたが。(^^;

こうしてコメントをいただいたり、メールをいただいたり、直接会う方から声をかけていただいたりして、改めて、この体験を公開してよかったなと思っております。少しでも、私の体験がお役に立てたのならうれしいです!ベリーショートだからこそ似合うファッションもあると思うので、今の状況を少しでも楽しんで下さいね。脱毛症になっても、今まで通りピアノは弾けるし、お仕事もできる。とーってもしあわせなことだと思います☆
かおりさんも、ステキな先生でいて下さいね(^ー^)ノ

またいつでもお待ちしております!応援します。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

ホーム > 髪のこと > くるくるパーマ☆

カレンダー
« 2017 年 3月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る