インストラクターのブログ
ひろ小屋…おなかすいたなぁ。
ひろ小屋トップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > アーカイブ > 2011年7月26日のアーカイブ

2011年7月26日のアーカイブ

ケスタ♪

  • 2011-07-26(火)16:58
  • 更新日:2011-07-26 16:58

日曜まで、3週間ほぼ毎日観戦していた
世界最高峰の自転車ロードレース『ツールドフランス』

競技はもちろん、中継で映されるフランスの風景も
見応えのあるものでした

…で、ずっと引っかかっていたコト

片側は急な崖、片側は緩やかな斜面

という、画面に映る美しい自然風景を見て

『たぶん、この地形は硬い地層と柔らかな地層が交互になっているところが
浸食されてできているはず…こういう地形、何ていうんだっけなぁ

もともと地理学を専攻してきたワタクシ。
地図や地形に反応してしまうのです。
そして、考えること数日。
テキストの挿絵まで思い出せるのに、最後の一押し、名前が出てこない
ふと棚を見ると、
もう、神様からの答え合わせタイムとしか思えないようなタイミングで
高校時代に愛用していた『山川の地理用語集』を発見
おそらく、高校生の時一番使った参考書です

そして解決。。。ケスタ
あらためて、国土地理院のサイトで『地質を反映した地形』を見たら

ケスタ
緩傾斜した硬岩層と軟岩層の互層が侵食されてできた
非対称の断面形を持つ丘陵状の地形を指す。

とあります。
「パリ盆地がこの例」と用語集にあるので、間違いない

そして、用語集をめくっていると
メサ・ビュート・ドリーネ・ウバーレ・ポリエ…
出てくる出てくる、懐かしい言葉の数々。

ドラムリンは言葉の響きが好きだったな
これ、全て地形の名前です。

超スッキリ

いまだにおもしろい地形を見ると反応してしまう、地理屋のはしくれでした

フィットネスインストラクターのブログサイトで開設しているブログなのに
まーったくフィットネスのかけらもない記事ばっかりだ

はり

  • 2011-07-26(火)13:00
  • 更新日:2011-07-26 13:00

今回のぎっくり腰でも、だいぶお世話になった鍼治療。
私は小さな頃、
ぜんそく治療の一環で鍼灸に連れて行かれた経験があったので
全く抵抗なくお願いしていたのですが…

メンバーさんたちからは
鍼って痛そう」とよく言われます。

たまにチクッとするくらいで、そんなに痛くないですよ
ものすごく痛いのは院長のマッサージです
でも、一時的な痛みであとがラクになると思えば、耐えられます
その痛みをそもそも作ったのは、ストレッチをおろそかにしていた自分な訳だし

置き鍼(貼りっぱなしの鍼)をしてくれたのが、ひとつ剥がれたので観察。


こんなにちっちゃい絆創膏の裏側に…


こんなにちっちゃな鍼(笑

治療中に打たれている鍼はこんなに短くないけれど、
こうしてみたら痛くなさそうでしょ

まんさくと磐梯山と浜千鳥と

  • 2011-07-26(火)12:45
  • 更新日:2011-07-26 12:45

日本酒愛好家の皆様ならお気付きかと思いますが
ひとつ前の記事で紹介した『ほっけのちゃんちゃん』という料理は
日本酒との相性が、非常に猛烈に驚異的に良いのです

ぎっくり腰になって以来、しばらく禁酒生活でしたが
もう温めてもいい時期になっているので解禁

しばらくアップしていませんでしたが、
相変わらず、被災地支援という名目のもと
おいしい東北のお酒を飲んでいます。

おいしいから買う。
好きだから買う。
ただそれだけです

たまっていた分をアップします。


秋田県横手市、日の丸醸造の『まんさくの花』
すっきりした感じの呑み口でサラサラッといただけるおいしさでした。


福島県磐梯町、磐梯酒造の『磐梯山 純米吟醸』と
一緒に買ってきた秋田県のなまはげまんじゅう
磐梯山は、口にした時の香りが
「嗚呼、私はやっぱり福島のお酒が好きだなー」と思える
自然な、柔らかい感じ。
飲んでみるとスルスル消えてしまい、クセがなく料理を選ばないお酒でした。

なまはげまんじゅうは、中がこしあんで広島のもみじまんじゅうみたいな感じ。
『モンドセレクション金賞受賞』とのこと。
普通においしくて、あっという間になくなりました


岩手県釜石市の『浜千鳥
これは久々の大ヒット!
上のふたつとくらべてちょっと濃い飲み口
アルコール度数を見ると、1度だけ高かった
赤ワインはスパイシー系が好きだけど
日本酒はフルーティー系が好きなので
このふわっと広がる香りとちょっとトロッとした感じがイイです

…念のため
一晩で飲みくらべたわけではありません。

それにしても、
お酒って温度で味が変わるからおもしろいです。

冷蔵庫でしっかり冷えている味
食卓においておいて、ちょっと常温に近づいてきた味
だいぶ時間が経って、常温の味
レンジでチン!お燗の味

香りのたち方で印象が変わり、お酒によって
『ああ、これはキリッと冷えてた方がおいしい』なんて
あーだこーだ話しながら飲むのって本当においしい

腰がちゃんと治ったら、
量の規制緩和しようっと。

ほっけのちゃんちゃん

  • 2011-07-26(火)11:58
  • 更新日:2011-07-26 11:58

ちゃんちゃん焼き、といえば北海道では誰でも知っている料理。
一般的には、
鮭にキャベツなどの野菜と味噌ダレを乗せ、鉄板で焼く料理です。

でも礼文島でちゃんちゃんといえば、ホッケでするのが普通。
都民から道民になった当時、足繁く通っていた場所が礼文島だったので
私的スタンダードはこの『ホッケのちゃんちゃん』なのです。

スーパーでおいしそうなホッケを見かけた時だけ、わが家の食卓に登場します。
なにせ、漁師さんの家でごちそうになって覚えた味なので
新鮮でおいしいホッケがデフォルトという、とーっても贅沢な味。
元気のないホッケでは到底試せません

生のホッケを背開きにしてもらいます
魚をおろせない私は、スーパーの魚おろしサービスに超感謝

好みの味噌を日本酒で少しのばし、
そこに刻んだネギと一味(もしくは七味)を加えて混ぜます。

魚のくぼんだ中央部分(腹の部分)にその味噌を乗せ、焼きます。


火が通ってきて、身と皮が離れるようになったら
皮の上で身を反転し、味噌を身に和えつつさらに焼きます。
(ほっけには虫がいることがあるので、しっかり火を通します。)

あとはもう、焼けたところからつついていただくだけ
これがもう、おいしいのなんの

今回は、調味料にこだわって
ちょっといい味噌と生七味で作ってみたのですが
これがまた超美味

ちょっと話はそれますが…
この生七味、羽田で全国のうまいものを集めて売っているお店で
買ったのですが、本当に何につけてもおいしいです。
同じ店の柚子胡椒ドレッシングもおいしいです。
羽田空港を利用するとなると買って帰ってきていたのですが、
この記事を書くにあたって調べてみたら、通販でも買えることが判明
今度なくなったらポチろうっと

ふわっふわのほっけの身に
ほどよい味噌と香り豊かな七味の味…
本当にしあわせなひとときです。
あ、この料理の難点は、家の中でやると
ほっけの脂が焼けて家中が炉端焼きの香りになってしまうこと

後片付けは大変ですが、味は大満足です。
この時期なら、外で七輪で焼くのもいいです

ああ、おなかすいたなー。

ホーム > アーカイブ > 2011年7月26日のアーカイブ

カレンダー
« 2011 年 7月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る